2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

オーストラリアDEホームステイ 前編

(↓のエントリからの続き・・・)
大学時代に3週間だけオーストラリアにホームステイに行った私。

ここで私は2つの家にステイすることになる。

今回はまず最初のおうち、W家での体験。
W家は共働きの夫婦と、子供が3人。子供といっても十代後半の男の子2人、もう一人は自立した女性で実家にはいなかった。

初めてこの家に来て、日本のお土産を渡したんだけれど、「あぁ、ありがとう」って感じなだけで反応はイマイチ。全然喜んでくれず。家族の写真を見せたりしてなんとか会話をつなげようにも、私の英語能力不足もあって全然続かず。気まずい雰囲気が漂いまくり。初日から日本に帰りたくなった。

パパさんは無口で無愛想。ほとんど話した記憶なし。
初日から車のドアの閉め方で怒られたのだけははっきり覚えている。
そして兄弟。お兄ちゃんのほうは結構気さくでたまに話かけてくれたけど、ほとんど家にいることがなく、会わない日がほとんど。
弟はパパさんに似たのかこれまた無口で無愛想。「Good morning.」と挨拶しても無視されたり。
そしてこの家族は結構熱心なキリスト信者らしく、夜に教会に出かけることがよくあった。そんな時は私は留守番。カップラーメン(小)が一つ、ポツリと机に置いてあった。それ相応のお金を払ってるのに、夕飯がこれ?ってなもので。

この家にはChipという名前の猫がいたんだけど、なぜか私にすごくなついて(昔から動物には妙になつかれる私)、私が寝ようとベッドに入ると布団にもぐりこんできて横で眠る。私は嫌じゃなかったからいつも一緒に寝てたんだけど、これが気にくわなかったらしく、「Chipは私達より○○(私の名前)のほうが好きなのね」とか「一緒に寝たの?汚いわねー」みたいなことを嫌味で言われたり。

途中風邪を引いてしまったとき、同時期に弟君も風邪をひいた。
私のいない時に「○○(私の名前)の風邪がうつったのに違いないわ。もう~」って陰口言われてた。私はたまたま廊下にいて会話が聞こえてしまったんだけど。
更に「部屋がくさくなるから部屋の窓は開けっ放しにしておいて」って言われたり。この時冬だったんですけど?私が臭いってことですかー?みたいな。

そうこうするうち、学校への送り迎えをしてもらえなくなった。
私がとってたプログラムは学校への送り迎えつきが原則で、もちろんそのお金もホームステイ費用に含まれてた。

最初は「仕事が忙しいから今日はバスで行って」って言われ、バスでの学校の行き方もよくわからないままバス停へ。数日こんなことが続いて、今日は送ってくれるよね?と思っても、「Bye」と行って仕事にでかけてしまう。ちょっとは「送れなくてごめんね」とか「今日も無理なんだ、バスで行って」とか言ってくれてもいいのに、何もなかった。

結局学校でスタッフに呼び出され、「仕事が忙しくて、もう送り迎えはできないし学校までのバス代も払えないとアナタのステイ先から連絡があった。今のままこの家にいることもできるけど、変わりたいなら他の家を紹介する」と言われた。
この時は結構ショックだった。
仕事の関係で駄目なら駄目で、どうして私に直接言ってくれなかったのか。本当に仕事で送り迎えできなくなったのか疑わしかった。私が嫌だっただけなんじゃ?そう思って悲しかった。

高いお金を払ってるのに、交通費を自分で払うことになるなら、違う家のほうがいいと思い、新しいステイ先を紹介してもらうことに。今までたくさんの生徒を受け入れていて、評判もすごくいい家を紹介してくれた。

学校から帰って、違う家に移ることにしたと話した時も「あっそう。」って感じで、何も言われなかった。
思い出に写真を一緒に撮りたかったけど、「一緒に写真とっていい?」と聞いても「いいよ」と言ってくれなかったので、このファミリーとの写真は1枚もない。

最後、出て行く時もママさんしか見送りしてくれず、他の男性連中は寝てた。
別れらしいお別れもできず、なんとも気まずい感じでたった10日間のw家ステイは終わりを告げた。

捨てる神がいれば、拾う神あり、ってなもんで、次のステイ先では素敵なファミリーと出会うことになる。後半へつづく♪
スポンサーサイト
.06 2005 カナダ準備 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makuu.blog26.fc2.com/tb.php/2-166e2f59

プロフィール

Cing

Author:Cing
日常生活で感じたりしたことをつらつら書いています。更新は気が向いたら(笑)
海外ドラマが大好き♪クラシックギターやってます。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。