2017 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

法律と英語

実はワタシの今の仕事(いきなり何)、某国際特許・商標事務所の英文事務デス。こういうネットとかの公(?)の場で公表するのは初めてなのでかしこまってみた(笑)

でも今年の7月にポジションが変わってからというもの、仕事が暇でしょうがない(爆)
昨日、今日と猛烈に暇だったから勝手に仕事の時間を過去の事件ファイルお勉強タイムにしてみた。他の人の仕事手伝おうと思ったけど、必要ないって言われたし。

特許事務所の弁理士っていうのは、簡単に言ってしまえば知的財産(トレードマーク・デザイン・特許等)という分野に特化した弁護士のようなもの(本当はそんな簡単なもんじゃないけど)。で、まぁ私はそこでの海外担当なので英文レターを読んだり書いたりしているわけなのだ。

で、有名ブランドのロゴとかの不正使用取消審判事件とか、ドメインに関する訴訟の事件資料を黙々と英語で読んでたんだけども。

法律の英語って用語は難しかったりするけど、文章がすごくキチンとしてる(当たり前か)から読みやすいといえば読みやすい。あと、仕事で使う英語はビジネス英語だからもちろんスラングとかもないし、決まり文句が多いから一度パターンを覚えてしまえば結構読み書きできる感じ。

と偉そうに言ってもまだまだ小難しい内容になってくるとレター書けないけどね(笑)

と、そんな風に読書のお時間になってた今日の仕事中、ふと「私なんで法律の仕事なんかしてんだ?」って急に不思議に思ってしまった。
なぜかというと、私は昔から法律が嫌いだったから。
今の仕事についたのも英語が使えるってだけで、別に特許の世界に興味があったわけでもなく。というか、どういう世界なのか知りもしなかった(笑)今まであんまり実感してなかったんだけど、急に「ああ、私は法律の仕事してるんだ」って思ったわけなのです。

私の頭は文系だけど、文系科目の中で一番嫌なのが法律だったなぁ。大学でも普遍で必須だったけど、教科書1ページ開いただけで、閉じたくなったし(笑)法律文書って面白くないんだもん~。妙に堅苦しくってさ。

でも改めて思ったのは、自分の身近な事件を例えにしたり、実際起こった事件の審判とか読んでると結構面白いってこと。六法全書とかああいう条文とかズラズラ並んでるのなんか全然読む気にならんけど

法律大嫌い娘だった私だけど、その面白さに気づき始めた。
大人になったなぁ、私(笑)
スポンサーサイト
.14 2005 英語 comment2 trackback0

comment

ペチカ
わたしも法律って嫌いで勉強したことなかったんですが、実はとっても大切なツールですよね。(←気付くの遅いって!)
法律って知れば知るほど法から自由になれるって聞いて、確かになぁと思ったり。

法律だけじゃなくて学校で「社会」カテに入れられるものってずっと苦手でした。
でも実際社会に出ると、だいぶ見方が変わってくるものなんですね!
2005.12.16 07:45
Cing
>法律って知れば知るほど法から自由になれる

なるほど!言われてみれば納得です!
そうかもしれないですねー。知っておいたほうが良いことっていっぱいあると思いますし。難しくて敬遠しがちだけど、実は身近な問題なんですよね。

社会に出ると興味出てくることって結構ありますよね。物の見方とかも学生時代とは違ってくるし。
まだまだ勉強中です(^∇^)
2005.12.18 23:40

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makuu.blog26.fc2.com/tb.php/15-fe361fcb

プロフィール

Cing

Author:Cing
日常生活で感じたりしたことをつらつら書いています。更新は気が向いたら(笑)
海外ドラマが大好き♪クラシックギターやってます。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。