2017 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

バリスタの日々~第一章

前のエントリで、接客を楽しめるようになったと書いたばかりだったんだけど、1月の始めで今の仕事を辞めることにした。

私がココで仕事のことについてあまり書かなかったのには理由があって。書こうと思えば書きたいことはいっぱいあって、毎日でも書けたんだけど。なんていうか、自分の気持ちを文で伝えようとすると、誤解されたくないっていうのと、自分の気持ちをちゃんとわかってほしいというので、長文になるし、文章を作るのに時間がかかる。
~の店行って~食べた、おいしかった。とか、そういうことなら簡単に書けるんだけれども。

けど、ちょっと今回は仕事のことについて書いてみようと思う。
ということで長文注意!(笑)今までのこと、私が感じてきたこと、すべてを書くのは無理だけど。

従業員はカナダ人、客もカナダ人。働いている場所が語学学校など全然ないところだからか、アジア人のお客さんはほとんど来ないカフェで私のカナダでの仕事は始まった。

最初はカナダの会社のいい加減さと、カナダ人の仕事のやり方、Lazyさに嫌気が差して、自分ばかりが仕事してる感じがして、自分の英語力の足りなさからお客さんに文句言われることも多々あって凹んだり。日本とは違いクレーマーが多いことに驚いて。日本で接客業の経験もいくつかあるけど、日本のお客さんとはやっぱり違う。

カナダ人はフレンドリーでたくさん話しかけてくるけど、その話の内容が良いことか悪いことか、どちらかって感じで。極端。日本人はそもそもメニュー見て、自分の注文を済ますだけで、他のことでスタッフに話しかけないでしょう?可も非もあまり口にしない。

こちらでは、スタッフと雑談して帰るのはしょちゅうだし、それは英語の勉強になって良かったけど、文句言うお客さんもいっぱいいる(意思表示の国だから)。私は一人でそれに対処しなきゃいけなくて。かなり大きな店を一人で運営してるし。

普通のチェーン店だと、レジする人とバリスタ(コーヒー炒れる人)と担当別れてるのに、うちはすべてを一人でこなさなきゃいけない。接客して、コーヒー炒れるのも、レジも掃除も品物の補充も、最後の会計、次の日の準備まで全て。

しかも他のコーヒー店と比べると断然メニューは多い上、客は本当にコーヒーが好きな「通」が多い。売ってる豆の種類も半端じゃない。そして、驚いたのは、こちらの人はメニューを見て注文しないこと。「こういうの、作れない?」とメニューにないもの要求したり、「もっとミルクを多めに」とか既存のメニューにアレンジする人なんてしょっちゅう。細かい人はミルクを温める温度まで指定してくる。

自分が一人で入っている時は自分しかいないから、すべてのクレームを対処しなきゃいけない。ネイティブと対等に渡り合うのがいかに難しいか痛感した。言葉が出てこなくてたくさん悔しい思いもした。カナダの浮浪者はやけにアクティブで攻撃的だし、夜に一人で働いてて怖い思いも何度もした。「つり銭をくれ」と言って来る男性に断りを入れたら、目の前で指差されながら「Fuck you!! Fuck you!! Fuck you!!」と5回くらい怒鳴られたこともあったし。その他にも悪質な客の話をすればきりがない。店を出た途端にナイフで差されたりするんじゃないか、なんて思って怖くて毎晩ビクビクしながら働いてた時もあったし。

でもその反面、いい経験もいっぱいさせてもらって。
日本じゃチェーン店のスタッフの名前なんて覚えないだろうけど、ここではたくさんのお客さんが私の名前を覚えてくれて、「○○(Cing)、今日の調子はどうだい?」っていつも話しかけてくれる。何気ないお客さんとの会話が楽しい。そして自分の炒れたコーヒーに「すごくおいしかったわ。ありがとう」と笑顔で言ってくれる時。本当に嬉しい。「あなた一人で働いてるの?大変ね。ゆっくりやっていいのよ。」と気遣ってくれるお客もたくさんいて。

そして何より私は今の私のboss(カナディアン)が大好き。私よりも年下だけど、いっぱい過去に苦労してて、それでも人間大きくて。私は彼女を尊敬してるし、出会えて良かったと思ってる。辛くて泣きたい時も彼女がいたから頑張ってこれた。

でも、どんなことでも終わりはあるもので。

第二章へ
スポンサーサイト
.21 2006 Toronto life comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makuu.blog26.fc2.com/tb.php/105-ca488a17

プロフィール

Cing

Author:Cing
日常生活で感じたりしたことをつらつら書いています。更新は気が向いたら(笑)
海外ドラマが大好き♪クラシックギターやってます。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。