2007 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2007 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

日本とカナダの違い

2エントリ目ー。今日はたくさん書いてしまいマス。

日本に帰国して、何を思うか?

そうねー。
太字にすることもないよねー(笑)

これが東京にでも帰ってたら、カナダと比較してブルーとかになってたかもしれないんだけど、トロントとは全く違う日本の田舎町(今の実家)に帰宅しましたもんでね。
違いすぎて、逆にすぐ馴染んじゃった(笑)
カナダにいた時は、いろんな国の人がいるのがあたり前だったから、日本に帰国したら日本人しか周りにいなくて、日本語しか聞こえてこないことに馴染めないんじゃないかって思ってたんだけど、全然そんなことなかった(笑)
逆に今、金沢には妙にいっぱい外人さんがいるからそれに違和感を感じる。なんでこんなに多いんじゃい??って。この間友達来た時も、その子びっくりしてたもん。あまりの外人の多さに。

あと、驚いたのは、みんな傘持ってること(笑)
カナダ人、傘差さないからねぇ。

そして、みんなオシャレで小綺麗。特に男子。
苦手だなーこういうの。私はやっぱりコジャレてスマしてる人より、Tシャツ&ジーパンで飾らず笑う男の人がいい。

みんな同じ格好。
体型も均一。

私にはこれが一番妙。
見かけや周りばっかり気にする日本人が出てる。
なんでみんな同じ?
服買いに行っても、売ってる服みーんな同じようなのばっかでビックリしたよ。そりゃー流行ってあるけどさっ。
でも、みんなその服本当に好きなの?
周りがみんな着てるから、いいように思うだけじゃなくって?
だって、人それぞれ好みとか違って当然なのに。
私には不思議でしょうがない。

日本も日本人もいいなーって帰国して思う時もたくさんある。
やっぱりキチンとしてるしね。基本的に真面目で丁寧。
そしてなんといっても日本料理最高!!だし
tokusen
<金沢で喰った丼。うまそうっしょ?>

でも私は日本にいると、「ああしなきゃ、こうしなきゃ」ってなっちゃう。無理矢理、枠にはめられてるみたいに。自分が自分でいられない。
気にしなきゃいいんだろうけど、「常識人」ではいたいし、「浮く」のがわかってるから出来ない。そんなに強くない。志茂田景樹や、林家ペー&パーくらいになれればいいのかもしれないけど(笑)
とかといって、やっぱりみんなと一緒にはなれないから、いろんな意味で人から浮いてるのを感じる。やーねー私ったら。

カナダではね、自分でいられたよ。本当に素だったと思う。
私は日本にいても、お世辞とか言えないし、上手く周りにあわせられないから飾ってはいなかった。でも、自分の中では気にすることいっぱいあって、辛かった。だって、自分を認めてもらえないってつらいし、悲しいでしょ?我慢や無理があったんだと思うのよ。

カナダでは、「違う」ことが当たり前。
歩いてても、いろんな文化が混じりあって、服も、顔も、考え方も、なにもかも全然違う人がいっぱい。そして誰もそれを気にしてないし、ありのまま受け入れてくれるのがわかる。だから、「自分」でいられる。カナダにいて、自分は「外国人」だって思わなかったし。

そこが、私が思うカナダと日本の大きな「違い」かなっ。
スポンサーサイト
.12 2007 normal comment3 trackback0

今、金沢にいますー

どーんとお久しぶりですー
このBlog、まだ見てる人がいるのかわからないけれど帰国後報告なんぞ(イマサラ)してみよっかなーと。

ワタクシ今、石川県・金沢にいますー。
東京には帰りませんでしたー。
カナダにいた時から、もう東京には帰れないかもなーとは思ってたんだけど。まさか自分が生まれ育ったところに戻ってくるとは。
過去と決別したくて出た故郷。10年以上ぶりに帰ってきた。

kanazawa-station
金沢駅なんて、こーんな変わっちゃってねー。
城下町だから巨大鳥居か?と思ったら、鼓をイメージしてるんだってさ。
変わった変わったとは聞いてたけどねぇ。(←ババくさい)

変化もあるけど、懐かしいところも残ってて。
あー、帰ってきたんだな~なんてしみじみ思ったりする。

城下町で、小京都とも呼ばれる金沢。
kenrokuen
<兼六園>
街中にあるお寺や古い通りに心和む。自然も豊か。ダウンタウンもそこそこ栄えてるから、買物にも不便しない。海・山・古い建造物・新しい街、すべてコンパクトにつまって生活しやすい上に、人が多くないからストレスもない。
いいとこよー金沢はー 魚介類もウマイしね!
子供の頃は、こんなにいいところだとは思わなかったなー。
生まれ育った町は好きだったけど。

でも不思議とね。私は中学の時宣言してたのさ。
いつか故郷を出ても「必ずここに戻って来る」って。
ただ何か確信があったわけじゃなくって、なんとなくそう思ったからそう言っただけなんだけどねー。
そこから状況も変わって、町を出て。家族ももう他県に引越して私の故郷には誰もいない。帰省する時も石川には帰らなくなって。故郷に帰る可能性のほうが低かったのに。今、こうしてここにいるんだから不思議だよ。

私はたまに、なんとなく未来を予言するらしい(笑)

小学校低学年の時に、「私は●●高校に行くっ!」と宣言。
ただ県では有名校で子供の私でも知ってたってことと、名前が気に入っただけだったんだけど(笑)結局その通りに。

大きな試験では必ず結果が出る前に(時には受験する前に)合否がわかってしまう。その時の出来不出来ではなく、第6感で。

高校の時に石川から横浜に遊びに行って、「私は横浜にまた戻ってくる気がする」となぜか感じて。本当に将来横浜に住むことになった。

そして、その先長く付き合うことになる人や、自分に大きな影響を与える人は、会った瞬間にわかってしまう。なにか感じるんだよねぇ。必ず、初めて出会ったときのことを不自然なくらい鮮明に覚えているし。

いい就職先がなかったら東京に出ようと思ってた。
でも見つかっちゃった(笑)
これも必然だったのかなーなんて。

唯一の不満は友達と離れ離れになっちゃったこと。
私の友達はみんな関東にいる。
高校の時の仲のいい同級生さえも。
寂しい
私は今、故郷でひとりぼっち。

金沢に住んで良かったとは思ってるけど、やっぱり寂しいよ。

てことで、みんな遊びに来て!!(笑)
*遠いのにさっそく遊びに来てくれたcaoさん、和美、ホントありがとね♪
.12 2007 normal comment2 trackback0
 HOME 

プロフィール

Cing

Author:Cing
日常生活で感じたりしたことをつらつら書いています。更新は気が向いたら(笑)
海外ドラマが大好き♪クラシックギターやってます。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。