2007 01 << 12345678910111213141516171819202122232425262728>> 2007 03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

初めての自作テープ、1曲目。

2エントリ目。

最近、日本からipodに入れて持ってきた曲に飽きてしまって、YouTubeでいろいろ日本の古い曲見つけて楽しんでたら・・・・

あったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!



私が小学校の時に始めて作った自作テープ(古)、忘れもしない1曲目。
風見しんごの「涙のTake a chance」♪♪歳がバレそうだけど・・・
でも、これ作った当時でも古かったからね(笑)
私には7つ上の姉がいるから、古い曲とか番組とか良く知ってて、周りの人からはよく「歳、サバ読んでない?」と言われる

いやー笑っちゃいけませんよ、そこ。
このブレイクダンス。今見ても結構すごいと思うもん。
当時は、この足の動きがどうやったらできるのかと、やってみたけど当然無理でしたわな。なんでも、彼はNYに行き猛特訓を受けたとか。

うーん、懐かしいわぁ。
スポンサーサイト
.18 2007 normal comment0 trackback0

NBA観戦

2月14日、バレンタインの日。
私は同僚(カナディアン男性)に誘われてNBAの観戦へ行って参りました。
チケット結構高いんだと思うけど(基本的にバスケに興味ないから、値段わからないけど)、彼のおごり
と書くと、いかにもデートみたいだけど、そうじゃありませーん。
他にも、もう一人女の子と一緒だったしねっ。

その前に時間潰しでHockey Hall of Fame(ホッケーの殿堂)へ行くことに。ホッケーは一度でもいいから、生でプロの試合を見てみたい!でもシーズンチケットは破格の値段。とても手が出ない・・・。一緒に行った彼はホッケーにも詳しく、いろいろ説明してくれた。まるでガイドのように(笑)日本ではマイナーなスポーツだけど、日本のユニフォームとかも飾られてたよん。
hockeyfame


で、いよいよNBA観戦
感想から言うと・・・面白かった!

前にメジャーリーグ観戦に行ったことがあったけど、バスケのほうが断然面白い!なんといってもブレイクの時に行われる余興が楽しくって。この日がバレンタインだったからか、お見合いゲームのようなものがあったり、プロポーズした人までいて♪
初めて生プロポーズみちゃったよ。結果はYesで良かった良かった。
これ、フラれたらどーするんだろーとか思いつつ。

ゲームはToronto Raptors(ラプターズ)の勝利

nba

↑開幕前のチアリーダーのダンス
(人があまり入ってないように見えるけど、これは開幕前だから。試合が始まる頃には満席でしたー)

久々に興奮したよ♪

P.S. こちらのバレンタインは基本的に男性→女性。この日は花束をもらった女の子、いっぱい見たよ 素敵ねぇ
.18 2007 Toronto life comment2 trackback0

子猫と戯れる

えー、引き続き近況報告デス。

とりあえずbossの紹介の弁護士さんを通してワークの申請をすることになりましたぁ。私としては取得できるか半信半疑だけど、その弁護士さんが言うには問題ないし、今月中には取れるだろうとのこと。(*私のケースの場合、いわば「コネ」なので、通常はそんなに早く取れないと思います。誤解のないよう、念のため)

bossも一生懸命、私のために推薦状を書いてくれて、感謝でいっぱい♪

で、今日はワークのことを話しあった後に、bossの家にまた遊びに行った。bossの家にはもともと4匹猫がいたんだけど、そのうちの1匹が子供を生んだというので子猫ちゃんを見に♪♪

くぁーわーいいーーーーーーーO(≧∇≦)O

cat

cat2

できることなら1匹譲り受けたいけど、うちじゃ飼えないしなぁ。

今、生後3週間♪ ヨタヨタ歩く姿がもうたまらなくCute

↓はbossが作ってくれたチキンバーガープレート。うまいっ
bossmeal

.07 2007 Toronto life comment0 trackback0

Heroes

2エントリ目。前のがちょっと重くなったから、軽めの話題で

新しく北米で始まったドラマで、今ダントツ人気なのが「Heroes」
すんごく簡単に言ってしまえば、未来に起こるNYでの核爆発を止め、世界を救うために、超能力を持った人たちが集まってくる、って感じなんだけど。

いろんな能力を持ったキャラがいて。X-menのようにね(笑)
悪役ももちろんいるけど、自分の能力に戸惑って、自分の使命にまだ気付いてないキャラがほとんどだから、全貌が明らかになってなくて、一つ一つピースをはめていくような謎解きドラマでもある。

月曜の9時からNBCで放送されてるんだけど、普段この時間仕事してるから見れてなかったの。でも一度仕事が無い時に見て気になってて。
なぜかというと、日本人が出てたから。

で、ネットで見始めたら面白くって一気に6時間連続で見てしまった
さすがハマりやすい私なだけある(自画自賛)

海外で描かれる日本って誤解が多くてうんざりしてたから、また何か変な勘違いとかされてるんだろうなーと思ってたんだけどね。確かにちょっと変な部分はあるけど、今回は見てて笑えるというか、「ま、いっか」という感じ(笑)

で、このドラマの主人公の一人、Hiro役の人が面白くって。かなりお気に入りキャラです。24歳コミック・オタクの日本人サラリーマンの役なんだけどね(笑)今までにない日本人キャラで新鮮
彼の能力は時空間を操ってテレポートできるというもの。 
なんか無邪気で憎めないんだよね~。声が妙に高いのも笑えるし(笑)

結構シリアスなドラマなのに、彼が出てくるとほのぼのするの♪
このHiroのキャラは今アメリカでもかなり人気があるらしく、彼の決まり文句「Yatta-!!(やったー!!)」がプチ流行してます(笑)
公式サイトでは「Hiro's Blog」とかいって、俳優じゃなくて、キャラが書いてる設定のBlogまであって、ソレがまた読んでると面白くてハマってしまった。

このHiro役を演じてるのがMasi Okaという日本人の俳優なんだけど、彼の何がすごいって、
「英語」です。上手いっていう話じゃないよ。むしろ逆(笑)
この方、6歳まで日本で育ってその後はずっとLAに住んでるそうで、もちろん英語はぺらぺら。なのにHiro役は「英語がしゃべれない」役なもんだから、ドラマではすごいカタカナ英語なわけですよ。中学生英語というか(笑)典型的な「日本人英語」。これ、英語普通に話せる人がわざと出来なくするのって難しくないかなと。しかも子供の頃に日本にいただけだったら、日本語のほうを忘れててもいいくらいなのに、ドラマの中で日本語話して英語字幕ついてるんだよ(笑)

Jay Lenoのインタビューを見たら、彼のお母さんがちゃんと日本語も忘れないように勉強させてたみたいね。しかも、彼、IQ180もあるそう! ありえーん!

英語の脚本を渡されて、自分のパートは彼が自ら日本語に翻訳してるんだって。
ただの役者じゃないのね。

日本人も好きそうなストーリーだし、何と言っても日本人が大活躍してるドラマだから近いうちに日本でも放送されるだろうなー。(Masi Oka氏もそんなこと言ってるし)

P.S.このMasi Okaさん、私の大好きなMatthew Perryが監督&ゲストを務めたエピのScrubsにも出演していたり、先日Studio 60にもカメオ出演したりと、何かとMatthewにも縁がある人だったりします♪♪
.01 2007 Toronto life comment2 trackback0

なにがなんだかわからない、けど。

近況。最近のトロントはマイナス10度くらいをウロウロ。
ずっと雪が降り続いております。
先日マイナス20度くらいに下がって、風のせいで体感温度がマイナス30度くらいと言われてた日にはもう、顔が痛くて痛くて、外を10分歩いただけで、ちょっと泣きそうだった(笑)

風邪のほうは、かなり長引いていて、まだ咳が出る。
治らないのは天候のせいなんじゃないかなーと思ったり。

で、タイトルで「何がなんだか・・・」と書いたのは、私の状況がめまぐるしく変わってきてるから。

まず、大学。いきなり初日に行ったらスケジュール変更を通知され、2月の末に予定してたNY旅行がパーに。

そしてこのNY旅行の後、しばらく遊んで日本に帰国予定だったのが、今はどうなるかわからない状態。

というのも、母親に3月の中旬くらいに帰国するからっていうメールを送ったら、『もう少しカナダにいたほうが私のためになると思うし、海外に長期滞在するチャンスはもう滅多にないんだから』という内容の返事が来たのが始まり。カナダに残りたいけど、手段もお金もないことは前のエントリで書いた通りだし、きっぱり諦めて帰国の心の準備をしてたのに、親からそう言われると一気にグラついちゃって。だって最初はカナダに来るの反対してたのに。母親のいう、「こんなチャンスは滅多にない」というのも分かるだけに、心が揺れた。

そして、そのことをbossや周りの友人に話したら、あれよあれよという間にみんなが私がここに残れるよう動き出し始め。2人から同時に弁護士を紹介されて(笑)1人はうちの店の常連さん。もう一人は私の友達の友達。
二人とも「君は友達なんだから無料で相談に乗ってあげるよ」って。
一気に弁護士の知り合いがカナダに二人もできた(笑)
一人には「審査官が友人だから、話を通してあげる」とまで言われ。

というわけで、ワーク・パーミットが取得できるかどうか今、みんなで思案中。今は、帰国の準備も手につかないし、かといってワークが取れるかもわからなくて、どっちつかずの宙ぶらりん状態。
ビザが切れるのも間近なのに~と焦るんだけど、状況を見るしかない。

それにしても、傍から見れば話が上手すぎて騙されてるんじゃないかって感じなんだけど、そこら辺は私もちゃんとしてるので大丈夫。私とその弁護士さん達の間にはたくさんカナダ人の友人が仲介してくれてるし。

本当にこの2・3週間の間で、人とのつながりって大切だし、有難いものだなーって実感。
そしてカナダ人の「人を助けようとする気持ちの強さ」に感心。

ある日、ビザのことで同僚に話をしようとお店に行ったら、またあれよあれよという間に人が集まって、お客さんや友達、bossも含め、どうやったら私がビザを取得できるかって、真剣に話合ってくれて。あーでもない、こーでもないって、署名や募金の話まで出て(笑)気付いたら2時間。井戸端会議のようになってた(笑)

私、日本にいる時は、もちろん親しい友達とかは別だけど、仕事場でも私生活でも「しっかりしてる」って常に思われてて。実際は全然そうじゃないんだけどね。
いつも頼られたり、相談に乗ることはあっても、逆はあんまりなくて。
「○○さんなら大丈夫でしょ」って、本当は大丈夫じゃないのに周りからはそう思われてた。日本にいる時は、いろんなこともあって「一人で立っている」ことにすごく疲れちゃったんだよね。誰にも頼れないことに。

だから、今、カナダにいて、私のことを本当に心配してくれる人や、それほど親しいわけでもないのに「あの子知ってる」ってだけで見返りを求めず助けようとしてくれるカナダの人たちに囲まれて、「私は幸せだなー」と思った。「幸せ」だなんて、もう長い間感じたことなかったんだけど。

日本人も、いいところいっぱいあるけど、こと「人助け」に関してはカナダ人には負けるかな。
日本人は警戒心が強いから、大抵、見知らぬ人はまず助けようとしないしね。電車でも席譲らないしさ。

カナダ人はすごくフレンドリーで、見知らぬ人にもよく話しかけて雑談するし、困ってる人や弱い人を助けようとする気持ちがすごく強いんだよね。もちろん、そうじゃない人もいるけど。

ワーク・パーミットが取れる可能性は、それでもかなり低いから帰国の可能性のほうが高いけど、私は今、自分の周りにいてくれる人にすごく感謝してる。

そう思えただけでも、私には充分意味のあること。

ほんと、カナダ来て良かったよ。




.01 2007 Toronto life comment3 trackback0
 HOME 

プロフィール

Cing

Author:Cing
日常生活で感じたりしたことをつらつら書いています。更新は気が向いたら(笑)
海外ドラマが大好き♪クラシックギターやってます。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。