2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

THE DA VINCH CODE

3エントリ目。時間があるって素敵ね♪

ここに書いてなかったけど、「THE DA VINCH CODE」を先日友人と共に見に行ってきた 

vinch

私は大の原書ファン。いつも本を読んだ後に映画を見るとガッカリすることが多いし、あんまり期待しないでおこうと思ったんだけど。CMを見る限り、すごく面白そうだったから今回はちょっと良さげ?なんて思ってた。

でもやっぱり最初の予感的中。

↓私の感想

展開が早すぎて、一つ一つの発見や驚きを味わう間もなく場面が過ぎていく。登場人物の感情表現もイマイチ。世界を揺るがすような発見なのに、あっさりしすぎてる。原書の面白さはあの膨大な薀蓄と、謎解きにあると私は思う。だから映画でその薀蓄のほとんどと、謎解きが削除されているのはガッカリ。もともとあの分厚い上下本を2時間に納めようとすること事態に無理があるけど。ハリポタと同じで。

でも、原書で述べられている絵や、建物を映像として見られるのはすごく良かったし、最後のシーンは情緒たっぷりでGOOD!すべてのシーンをラストシーンくらい時間かけて丁寧に描いてくれれば、すごく良い映画になったような気がするなー。

やはりこれから見る人には原作を最初に読むことをオススメします。
でないと、話についていけない可能性あり。
あ、でも逆に本を読んでないほうが、楽しめたりするのかなぁ?

そこらへんは個人の判断でどうぞ。
スポンサーサイト
.30 2006 Review comment3 trackback0

James Blunt

James Blunt


親不知の痛み止めが切れ、激痛で今朝は5時に目が覚めたCingでございます、
こんばんは。
ほっぺは腫れ上がり、昔の宍戸錠のような顔でお送りします。
今は全く痛みありませんけどね・・・。

さて、書きたいのはこんなことじゃなく。

今日は不動産屋で来月退室の解約手続きをし、歯医者で消毒を受け、その後、CDショップへ。目的はJames Bluntのデビューアルバム「back to bedlam」。

私の好きなMatthewがコンサートに行ってたというので、どんな曲なのか気になり、公式サイトで視聴したら「おっ」と思ったので即買い。気になったらもう駄目駄目。

売れ行きがいいらしく、CDショップには残り1枚しか残ってなかった。良かった買えて。私は買いたいと思った時に買わないと気がすまないタイプだから。

で、早速家に帰って聴いてみる。

あれ・・・
なぜかわかんないけど 私 泣いてる・・・

いつの間にか泣いてる自分にビックリした。

美しい歌声。切ないメロディライン。
すべてが叙情的。
私の弱いところをついてくる。

私が好きになる音楽は、まずメロディラインが美しい。そしてそれにのっかる心を揺さぶるヴォーカル。感情がこもった歌声が何よりいい。
歌詞はほとんど気にならない。

邦楽も最近は本当に唄の上手い人増えてきたし、好きな曲いっぱいあるけど、80年代、90年代のいかにもカラオケで歌いやすい曲とか、アイドル曲とかは好きになれない。日本人は感情を表に出すのが下手だからかもしれないけど、歌声を聴いてるだけで心震えるような人ってあんまりいない。なんか伝わってこないんだよね。

でもこのJames Bluntはうったえてくるものがある。
アルバムを聞き終わった後、「この人のライブに行ってみたい」と思った。初めて聞くアーティストでこんな風に思ったのは初めてかも。生でこの音楽を聴いたら、間違いなく泣くと思う。

Matthewとは好きな音楽が不思議なくらいかぶってるんだよね。
別に彼が好きだからという理由で好きなわけじゃないのにね。

12月にアメリカの有名なSNL (サタデー・ナイト・ライブ)に出演して以来、全米でもHITチャートを席巻中らしい。
「You're beautiful」のプロモがこちら、SNLでの生演奏がこちらで見ることができるので、気になる方は是非ご覧アレ。
.10 2006 Review comment4 trackback0
 HOME 

プロフィール

Cing

Author:Cing
日常生活で感じたりしたことをつらつら書いています。更新は気が向いたら(笑)
海外ドラマが大好き♪クラシックギターやってます。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。